露出が多いのはそれ以上は・・・

ピンクコンパニオンと言えば、有名温泉地や観光地での宴会パックサービスに必ずオプションという形で申し込みできるようになっています。

料金的には1人だいたい2時間で20000円が相場っていう感じです。

ただしこの申し込みの際にはどこまでサービスがOKかしっかりとリサーチしておくことが大切です。

親切な旅館だとしっかりと注意事項として書いてありますから読んでおきましょう。

通常、普通コンパニオンはスーツでの登場。

お酌をしてくれたり、お話を聞いてくれたりといわゆるホステス役と思ってくれればいいかも。

で、ピンクコンパニオンとなるとセクシー系のお遊びがOKとなります。

ただしコスチュームがすでにエロスなシースルーコンパニオン、ランジェリーコンパニオンはそれ以上の脱ぎは無かったりするので無理強いはいけません。

ピンクコンパニオンという括りなら、野球拳や王様ゲームなどもOK。

コスチュームも私服系で来てくれるところもあり、宴会メンバーのニーズをしっかり把握して楽しみたいところです。

ピンクコンパニオンの遊びというのは、宴会の限りなくギリギリのエロスって感じの遊びだと思えばいいでしょう。

風俗系のサービスはご法度ですが、結構ギリギリですよ。